桜ライン311

プロジェクト

地元コミュニティとの連携を得ながら、津波到達地点に桜を植樹します。
認定NPO法人化し、団体基盤を安定させ、人材を育成します。

プロフィール

認定NPO法人桜ライン311は、2011年3月11日に発生した東日本大震災を風化させないために、陸前高田市内に桜の木を植樹する活動をしています。津波が東北地方を襲ったのち、「実は、今回と同規模の津波が三陸海岸を飲み込んだ記録や痕跡があった」とのニュースを聞き、10mを超える津波の可能性が震災前から分かっていればとの悔しさから、津波到達点を桜の木でつなぎ、後世に伝えようと立ち上がりました。

【公式サイト】 http://www.sakura-line311.org/

プロジェクトの概要

陸前高田市内の約170Kmに渡る津波到達ラインに10mおきに桜を植樹する事業を進めていきますが、植樹はあくまで手段であり、一番大切なのは多くの市民との協力です。植樹には、土地の確保が最も重要で、かつ難しい部分です。コミュニティ協議会への連絡、説明会などを実施し、連携を模索構築します。信頼構築をしていくため、連絡担当窓口を一本化できるよう、人材の育成もしていきます。
今回のボーイング助成プロジェクトでは、1)桜の植樹 300本と 2)団体の認定NPO法人化 を行います。

プロジェクトの期間

2013年10月~2014年12月

目標

1)桜の植樹
2)団体の認定NPO法人化

成果

桜の植樹を通じて、住民らと震災を語り継ぎ、「震災を正しく伝えること」

達成率

植樹できた桜の数:11月15日と22日に92本を植樹完了。植樹数は、11月末で767本。
認定NPO法人化への道のり:達成

DSC5227

この度、認定NPO法人に認定されました。岩手県より無事に認定をいただきました。岩手県では5例目、震災以降に設立したNPO法人としては初の認定です。 http://www.sakura-line311.org/info/2 […]  続きを読む

2 / 212

SPONSOR

  • ボーイング ジャパン